読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacへPHP5.5+Composerをインストール

f:id:tmknom:20140322174133p:plain

ちょっと久々にPHPのコード書きたいなぁと思ったのでその時のインストールメモだよ!

PHP5.5

コマンド一発でサクッとインストールできる。

$ curl -s http://php-osx.liip.ch/install.sh | bash -s 5.5

さらに、~/.bash_profile ファイルの最後に下記を追加。

export PATH=/usr/local/php5/bin:$PATH

これでPHP5.5が使えるようになるはずだ!

$ source .bash_profile
$ php -v
PHP 5.5.8 (cli) (built: Jan 12 2014 18:50:29)

思いのほか、楽々インストール完了してしまった!

Composer

依存関係の制御を自分でやるのは面倒なのでComposerを導入。

$ curl -s https://getcomposer.org/installer | php
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

これでインストールできたはずだ。では、確認。

$ composer --version
Composer version 604a65cc31f3e5d8a2b96802135ac24434e87678 2014-03-06 09:26:16

うん、OKだね!

Laravel

せっかくなんで、Composerを使ってLaravelを入れてみた。

Composerでプロジェクト作成すると、必要なファイル全部拾ってきてくれるよ!

$ composer create-project laravel/laravel <project_name> --prefer-dist

ビルトインサーバを立ち上げて確認。

$ cd <project_name>
$ php artisan serve

http://localhost:8000/をブラウザで開いて、 You have arrived. と表示されればOKだ!

ちなみに

最初は、Homebrewで入れようとしたんだけど、なぜかうまくいかなかったので方針転換してるのだ。

面倒なので、真面目に調べなかったけど、Homebrewで入れようとしてうまくいかなかった人はここで紹介した方法をぜひ試してみてね!

広告を非表示にする